いつかの水素泡立てネット

  • 《全成分表示》ネット:ポリエチレン、リボン:ポリエステル、水素ボール・マイナスイオンボール:セラミック

美肌の違いは泡の違い?
水素&マイクロ泡

■2種のセラミックボール

① 水素発生ボール
水分が触れると水素を発生

② マイナスイオンボール
泡の粒子を細かくします

■水素入りマイクロ泡

いつかの水素泡立てネットを使用して泡立てをすると、通常のネット(セラミックボールを入れないネット)より粒子が細かくクリーミーな泡が出来上がります。

■溶存水素濃度測定 1688μg

水道水500mlに対して8gの水素還元ボールを密閉容器に入れ、24時間後の溶存水素濃度を測定しました。
セラミックの水素発生量は932の数値という結果でしたので、約1.8倍の水素発生量があるということになります。

いつかの水素泡立てネット

内容量:1個

美肌の違いは泡の違い?
水素&マイクロ泡

■2種のセラミックボール

① 水素発生ボール
水分が触れると水素を発生

② マイナスイオンボール
泡の粒子を細かくします

■水素入りマイクロ泡

いつかの水素泡立てネットを使用して泡立てをすると、通常のネット(セラミックボールを入れないネット)より粒子が細かくクリーミーな泡が出来上がります。

■溶存水素濃度測定 1688μg

水道水500mlに対して8gの水素還元ボールを密閉容器に入れ、24時間後の溶存水素濃度を測定しました。
セラミックの水素発生量は932の数値という結果でしたので、約1.8倍の水素発生量があるということになります。

《全成分表示》ネット:ポリエチレン、リボン:ポリエステル、水素ボール・マイナスイオンボール:セラミック